Profile



尾花藍子 OBANA Aiko




                      photo by Hiroshi Suminaka
東京都出身 東京都在住。
ダンスカンパニ<ときかたち>主宰。
シェアハウス&スタジオ<LAB83>経営。

美大卒業後、行為表現を路上で始める。美術・プロジェクト作品発表を経て、パフォーマンスという形態を選び作品をつくり始める。近年は、振付・演出という手法を用いて表現活動を展開。物事の一瞬一瞬を静止画に見立て空間構成をし、舞台上にたち現れる画を何重にも描き重ねる。幾重にも色を塗り重ねた一枚の抽象絵画を鑑賞した後のような感覚になる舞台作品を創作している。
2012年、シェアハウス&スタジオ<LAB83>を設立。 2015年、ダンスカンパニー<ときかたち>を立ち上げる。
自身初となる長編振付作品『春霞についての話』が若手演出家コンクール2014ノミネート。横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠファイナリスト。


works ⇒

History  ⇒


Born in Tokyo. Founder of the dance company "ときかたち(TOKIKATACHI)". Manager of the shared house&studio  "LAB83". Upon graduation from art college, Obana started her career as choreographer and director. Her performances are like abstract paintings with numerous layers of colors. With the use of the space and bodies, Obana intends to draw translucent still images on stage. These accumulated images may evoke the audience to see them as a new complex abstract drawing. Nominated for the Young Director's Concour 2014 by Japan Directors Association.Finalist for the Competition I of Yokohama Dance Collection 2016.


works ⇒

History ⇒