浜松市鴨江アートセンターアーティスト・イン・レジデンス成果発表1



平成29年度前期制作場所提供事業成果発表
浜松市鴨江アートセンターアーティスト・イン・レジデンス(AIR)  パブリックイベント第3弾


「205プロジェクト エキシビション」






「身体」をみつめて、「変化することとは何か?」を問うインスタレーション展示。

そこに、かつて誰かがいた気配を
存在する/しないものを通して、展示します。

わたしたちが「変化」したとき、
何がなくなり、
何が残るのでしょうか。




2017年6月に行なった浜松でのリサーチを経て、
7月から浜松で活動する人たちとの共同制作「オープンアトリエ 205プロジェクト」を開催しました。
これらの活動を異なる視点からみつめるインスタレーション作品「205プロジェクト エキシビション」を発表します。
9/21-24の4日間は、「身体感覚の変換」をテーマに、本作品と連動したワークショップも開催します。期間中は、ワークショップ参加者と共に、さらに作品空間を更新し続けます。

開催日
9月13日(水)-9月24(日)

開催時間
9~21時30分

会場
浜松市鴨江アートセンター 205号室

主催
浜松市鴨江アートセンター


関連企画:
「からだとこころを感じよう!ワークショップ IN 浜松2~からだの感覚を人に伝えてみよう編~」9月21日(木)-24日(日)



アーティストプロフィール:
尾花藍子
ダンスカンパニー〈ときかたち〉主宰。 シェアハウス&スタジオ〈LAB83〉代表
美大絵画学科卒業後、身体を使った行為表現を路上で始める。美術・プロジェクト作品発表を経て、近年は主に振付家・演出家として活動。舞台作品では、身体・美術・音楽を対等に配置し、環境に感応して生まれる関係性を可視化。「距離」を振り付けることで、人間の微細な身体と感情と機微を表出させ、「あわい(間)の身体」を立ち上げ、物事の一瞬一瞬を静止画に見立てた「時間軸のある抽象絵画」のような総合芸術としての舞台作品を創作。
また、「環境に振り付けられる身体」を軸に、文化的背景を内包した様々な「場」で作品を創作。各々の表現媒体の特徴を活かしながら、表現や思考の可能性の幅を広げる活動を展開している。
若手演出家コンクール2014ノミネート。
横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠファイナリスト。





----------------------------------------






浜松市鴨江アートセンターアーティスト・イン・レジデンス成果発表2



平成29年度前期制作場所提供事業成果発表
浜松市鴨江アートセンターアーティスト・イン・レジデンス(AIR) パブリックイベント第4弾


「からだとこころを感じよう!ワークショップ IN 浜松2 ~からだの感覚を人に伝えてみよう編~ 」







自分の身体と気持ちを感じてみよう

わたしの身体があなたにどのように感じ

あなたの身体がわたしにどのように感じさせるのか

日ごろ意識しない繊細な身体感覚をみつめる

身体のアートワークショップ

そして、感じたことを、絵・言葉・音などに「変換」して、ほかの人に伝えてみよう

日常とは違うものの見方ができるかもしれません





開催日:
9月21日(木)-24日(日)


開催時間
9月21日(木)、22日(金)
16時30分集合〜18時
(交流会 18時〜18時30分)

9月23日(土)、24日(日)
10時30分集合〜12時
(交流会 12時〜12時30分)

会場:
浜松市鴨江アートセンター 301号室

参加費:
無料

対象:
中学生以上
(健常・障がい問わず。お子さま連れ可。知的・身体的な障がいの場合、お子さまをお連れの場合は、事前にご連絡ください。)

持ち物:
座ったり、横たわったりします。
動きやすい服装でお越しください。


予約:
予約不問

申し込み先:
ご予約も可能です。以下のメールアドレスまで直接お申込みください。
お名前と参加希望日をお知らせください。
メール:apiece7@gmail.com(尾花)

主催
浜松市鴨江アートセンター


*集合時間に遅れる方はご連絡ください。
途中参加は基本的には難しい内容のため、
集合時間に来られない方は、以下にご相談ください。apiece7@gmail.com



関連企画:
「205プロジェクト エキシビション」
9/13(水)‐ 9/24(日)
2017年6月に行なった浜松でのリサーチを経て、
7月から浜松で活動する人たちとの共同制作「オープンアトリエ 205プロジェクト」を開催しました。これらの活動を異なる視点からみつめるインスタレーション作品「205プロジェクト エキシビション」を発表します。「身体感覚の変換」をテーマに、本作品と連動したワークショップも開催。期間中は、ワークショップ参加者と共に、さらに作品空間を更新し続けます。




ファシリテータープロフィール:
尾花藍子
ダンスカンパニー(ときかたち)主宰。シェアハウス&スタジオ代表。
「環境に振り付けられる身体」を軸に、文化的背景を内包した様々な「場」で作品を創作。ワークショップでは、健常・障がい問わない幅広い年齢層対象に展開。ひとりひとりが「ありのまま」の想像力・創造力を育む時間を提供。




----------------------------------------






【ダンスカンパニーときかたち】

 『ときかたち 長期プロジェクト』を始動します。




ときかたち 長期プロジェクト第一弾『路を辿る』


http://tokikatachi.com





尾花の主宰するダンスカンパニーときかたちが、新しいプロジェクトを始めます。

近年、ダンス公演を発表するなかで、身体と空間を共有するための場づくりや枠組みそのものから創りたいと考えるようになりました。


この実現に向けて、実験を重ねていく長期的なプロジェクトを立ち上げます。

本プロジェクトの第一弾が、今年10月に行われます。



ときかたち 長期プロジェクト

第一弾

『路を辿る』


ある会場で行われる身体と空間の出来事に出会うまでの「旅する過程」を振り付ける試み。


「手紙」が自宅に届き、手紙を開く行為から「体験」がはじまります。そして、手紙を辿りながら、会場へ足を運びます。


ときかたち長期プロジェクト第一弾『路を辿る』を体験してくださる「観客」を募集します。


第一弾は、リサーチを含む内容となるため、後日、本プロジェクトについてのインタビューを受けて頂くことを条件に、会場までの交通費をお支払いします。


皆さんに体験して頂いたことを、今後のプロジェクトの深化に生かしていきたいと思っています。


『ときかたち 長期プロジェクト』を可視化させることは、一筋縄ではいかないと自覚していて、試みている出来事に名前がつけられない手触りを感じています。


拠り所のなさを感じることもありますが、それと同じくらい、未知への触り心地が、未来への大きな希望に満ちていると感じています。


〈路/未知/満ちを辿る〉試みの第一歩です。


生まれたてのプロジェクトを皆さんに体験して頂きながら、共にプロジェクトを育てていけたらと思っています。


ダンスカンパニーときかたち主宰

尾花藍子



※本プロジェクトは、アーツ前橋(群馬県前橋市)、Seoul Art Space GEUMCHEON(韓国衿川区)のアーティスト・イン・レジデンスにてブラッシュアップが予定されています。



詳細

ときかたち 長期プロジェクト

第一弾

「路を辿る」


プロジェクトメンバー:

安藤暁子、泉美菜子、尾花藍子、カニエ・ナハ、西川裕一、東山拓広、福島奈央花、細川麻実子、メル(Mer)、弓井茉那、横山八枝子、Oto•abi Project(吉田政美、松村志野*)

(五十音順)


【日時】

2017年10月28日(土)

①18:00~

2017年10月29日(日)

②14:00~

③18:00~

(会場内での時間の共有は、1時間程度を予定)


【会場】

群馬県のある場所

(コンセプトの都合上、場所は開示しません。参加確定の方にお伝えします)


【対象】

障がいの有無に関わらず、どなたでも参加可能。本プロジェクトに関するインタビューにお答え頂ける方。


【参加費】

参加者には、交通費全額をお支払いします。


【参加方法】

応募締切:2017年9月15日(金)23:59

info@tokikatachi.comに、件名を「ときかたち長期プロジェクト申し込み」として以下をご記入の上、お送りください。


1. 氏名・ふりがな

2. 年齢

3. 性別(任意)

4. メールアドレス(info@tokikatachi.comからのメールを受信できるように設定ください)

5. 電話番号

6. 住所(市区町村まで)

7. 本プロジェクトに期待すること

8.身体・知的障がいの有無

9.参加希望の日時

※応募多数の場合は、選考になります。

※参加確定者は、9月下旬までにご連絡します。


【質問・お問い合わせ】

件名を「ときかたち長期プロジェクト問い合わせ」として、お気軽にご連絡ください。


【主催】

ダンスカンパニーときかたち

http://tokikatachi.com


【協力】


アーツ前橋、坂川善樹、住中浩史、中村ひろみ






----------------------------------------







浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス(AIR) パブリックイベント第1弾




「思考のプロセス」を一般公開し、「身体と思考の蓄積」を展示するプロジェクト

「オープンアトリエ 205プロジェクト」

http://www.kamoeartcenter.org/events/openatelier205project/





「ごっこ遊び研究会」の2人を中心に、即興的な身体と思考を用いて、205号室を日々変化させていきます。

 205号室の前を通ったら、気軽にメンバーに声をかけて、のぞいてみてください。

 日が差し込む心地いい部屋で、メンバーの「身体と思考の蓄積」をお楽しみください。



みなさんそれぞれの日々の

身体と思考を「ひらき・ひろげる」場に

なりますよう。





にちじ:

浜松市鴨江アートセンターがあいてれば、ずっと。
メンバーは不定期で、「身体と思考の蓄積」をしにやってきます。



楽しむヒント:

気になる展示物があれば、メンバーに「これはなに?」と気軽に声をかけてみてください。
ワークショップや創作のときの様子を交えてお話しします。




おもなメンバーのコメント:

さまざまな線を描くようにして、身体を動かしていきたい。でもその線は描き換えられてもいいし、また新たにほかの線が加わってもいい。たくさんの「じゃあこんなのどう?」が重なって現れてくるものを見れるとうれしいです。
〈くま〉

創作過程が、来た人から影響を受けて 自分が壊されてく感じもたのしそうだし 変化を人がみてくれること っていいと思います。経過を見せながら影響を受けあうかたちの方がいいんじゃないかと最近は思ってる。へやに溜まるカラダたち、へやに積もるワタシたち。〈くんぺい〉




関連企画:

「205プロジェクトYouTubeチャンネル」配信中!

アカウント名:205project.kac
https://www.youtube.com/channel/UCpMj1rGzkzvESGHGS5DKcVw


浜松がちょっと遠いなぁ‥という方は、
遠隔でも楽しんで頂けるよう、プロジェクトメンバーによる205プロジェクトの動画もオンラインで配信中!本プロジェクトの臨場感の片鱗を味わって頂けたら幸いです。




発起人:

浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス アーティスト
尾花藍子




発起人のメッセージ:

浜松がお近い方、鴨江アートセンターに足を運んだことのない方、是非、205号室を体感しにいらしてください。慌ただしい日々を横に置いて、身体一個になる感覚で、気軽にのんびりしにきてもらえたら幸いです。本プロジェクトと合わせて、歴史深いアートセンターの現在もどうぞお楽しみください。鴨江アートセンタースタッフ、メンバー一同、お待ちしてます。



アーティストプロフィール

尾花藍子 -振付家・演出家-

ダンスカンパニー〈ときかたち〉主宰。 シェアハウス&スタジオ〈LAB83〉代表
美大絵画学科卒業後、身体を使った行為表現を路上で始める。美術・プロジェクト作品発表を経て、近年は主に振付家・演出家として活動。舞台作品では、身体・美術・音楽を対等に配置し、環境に感応して生まれる関係性を可視化。「距離」を振り付けることで、人間の微細な身体と感情と機微を表出させ、「あわい(間)の身体」を立ち上げ、物事の一瞬一瞬を静止画に見立てた「時間軸のある抽象絵画」のような総合芸術としての舞台作品を創作。
また、「環境に振り付けられる身体」を軸に、文化的背景を内包した様々な「場」で作品を創作。各々の表現媒体の特徴を活かしながら、表現や思考の可能性の幅を広げる活動を展開している。
若手演出家コンクール2014ノミネート。
横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠファイナリスト。









【このプロジェクトは、鴨江アートセンター制作場所提供事業 アーティスト・イン・レジデンスのアーティスト尾花藍子さんの企画です。】






----------------------------------------




浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス(AIR)パブリックイベント第2弾



浜松市鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス アーティスト企画

「からだとこころを感じよう!ワークショップ IN 浜松」

http://www.kamoeartcenter.org/events/karadatokokoro/






自分の身体と気持ちを感じてみよう

わたしの身体があなたにどのように感じ

あなたの身体がわたしにどのように感じさせるのか

日ごろ意識しない人と人との繊細なつながりを描き出す

身体のアートワークショップ



ひにち:2017年8月1 日(火)~ 5 日(金) 13時~14時30分 

ばしょ:浜松市鴨江アートセンター 

さんかひ:無料 

たいしょう:中学生以上(健常・障がい問わず。知的・身体的な障がいの場合は事前にご連絡ください) 

げんご:日本語(手話通訳が必要な場合は事前にご連絡ください) 

よやく:apiece7@gmail.com(尾花)

※会場について
日にちによって、鴨江アートセンター内の部屋番号が変わります。当日、アートセンターの玄関の掲示版に発表させて頂きます。

※日程について
ワークショップ日程につきまして、一部の方には、8/5までとお伝えしております。正しくは8/4まで。訂正してお詫び申し上げます。

※突然来てもOKですが、参加人数がいないときには急きょ開催しないかもしれません。
なるべく予約してもらえたら、かくじつです。



ファシリテーター:

尾花藍子 -振付家・演出家-

ダンスカンパニー(ときかたち)主宰。シェアハウス&スタジオ代表。
「環境に振り付けられる身体」を軸に、文化的背景を内包した様々な「場」で作品を創作。
ワークショップでは、健常・障がい問わない幅広い年齢層対象に展開。ひとりひとりが「ありのまま」の想像力・創造力を育む時間を提供。



ファシリテーターのメッセージ:


「身体やアートに興味ある・なし、健常・障がい問わない」方々対象に、尾花の作品創作の試みを応用し、集まった方々にあわせ、ワークショップを展開します。
普段、意識しない身体と心の変化に気づき、人と人や新しい感覚との『出会い』の場になりますよう。
無料ですので、気軽に足を運んでもらえたら幸いです。
会場でお会いできるのを楽しみにしています。




【このワークショップは、鴨江アートセンター制作場所提供事業 アーティスト・イン・レジデンスのアーティスト尾花藍子さんの企画です。】



----------------------------------------




AMSEA「東京大学|社会を指向する芸術のためのアートマネジメント育成事業」インタープリターコースの第一期受講生として、選抜されました。








AMSEAとは、ソーシャリー・エンゲージド・アート、ソーシャル・プラクティス、参加型アート、対話型アート等ひろがりをみせる「社会を指向する芸術」と社会との交差地点を求め、その架け橋たりうるアートマネージャーを育成するための教育プログラム。(公式サイトより引用)

近年、自身の活動を通して実感していることは、アーティストとしての活動は、作品を創作するだけではなく、社会的な境遇やプロセスをも自ら開拓していくことで立ち上がってくるものだ、ということ。
アートと社会の関係について、自分なりの視点を強化すべく、アートの最前線で活躍されている講師が揃う本事業の受講が必要だと感じていました。

先日行われたガイダンスで出会った受講生たちは、アートマネジャー志望の方のみではなく、多様な業界の熱意のある面白いことやってる方々が多そうで、これからとても楽しみです。

ゆくゆくは、本事業で出会う問題意識の近い方々と新しいプロジェクトの開発も目論んでいます。
作品創作と並行しながら、約半年間、本事業に取り組みたいと思います。

各講義ごとに受講生以外の聴講者も、随時募集するそうです。
若干名だそうなので、受講希望の講義は要チェックです。


コース受講生、合格発表
https://amseaut.blogspot.jp/search/label/news

日別聴講のお知らせ
https://amseaut.blogspot.jp/2017/06/blog-post_27.html


****



AMSEAについて 
AMSEAは、ソーシャリー・エンゲージド・アート、ソーシャル・プラクティス、参加型アート、対話型アート等ひろがりをみせる「社会を指向する芸術」と社会との交差地点を求め、その架け橋たりうるアートマネージャーを育成するための教育プログラムです。

東京大学を拠点に、必要な実務的知識のみならず、最前線の人文科学的・社会科学的知識を学び、英語によるプレゼンテーション演習や、海外研修(選抜)、国内フィールドワーク、メディア発信、展覧会の企画・運営、シンポジウムの開催、上映会など、豊富なプログラムを通じ、人文社会科学とアートの関係性の更新に鋭く切り込んでいく人材の育成を目指します。


代表:
北田暁大(社会学/東京大学大学院教授)

副代表:
神野真吾(芸術学/千葉大学准教授)

事務局:
粟生田弓(東京大学特任助教)
井上文雄(CAMP、東京大学学術支援専門職員)
高橋かおり(文化社会学/東京大学特任助教)
竹田恵子(文化研究/東京大学特任准教授)
バーバラ・ダーリン(アーティスト、東京大学学術支援専門職員)



----------------------------------------





韓国衿川区のアーティスト・イン・レジデンス(AIR)の招聘作家として選抜されました。


『The 9th Resident Artists at Seoul Art Space GEUMCHEON in 2017』の招聘作家として選抜されました。

ART FRONT GALLERY(http://www.artfrontgallery.com/)の推薦作家として推して頂きました。

推薦してくださったART FRONT GALLERYの熊谷靖成さん、アーティストの北川貴好さん、本当にありがとうございます!

期間は2018年4月~6月の3カ月と、まだ少し先ですが、
ご縁を頂いた貴重な滞在の機会を存分に自身の創作の深化に生かせるように、今年の活動の一つ一つを向きあっていきたいと思います。


The 9th Resident Artists At Seoul Art Space GEUMCHEON In 2017 Final Result Announcement
posted by Seoul Art Space_Geumcheon
http://geumcheon.blogspot.jp/2017/05/the-9th-resident-artists-at-seoul-art.html


----------


The 9th Resident Artists At Seoul Art Space GEUMCHEON In 2017 Final Result Announcement.

I was selected as The 9th Resident Artists at Seoul Art Space GEUMCHEON in 2017!

My name is Aiko Obana. I am artist and choreographer and director in Japan.

I was selected as a recommendation artist of ART FRONT GALLERY.

Place and everyone in Korea, please greet me!


The 9th Resident Artists At Seoul Art Space GEUMCHEON In 2017 Final Result Announcement
posted by Seoul Art Space_Geumcheon
http://geumcheon.blogspot.jp/2017/05/the-9th-resident-artists-at-seoul-art.html





----------------------------------------






ダンスカンパニーときかたち】
アーティスト・イン・レジデンス(AIR)に選抜されました。


尾花の主宰するダンスカンパニーときかたちが、『アーツ前橋アーティスト・イン・レジデンス(AIR)群馬県ゆかりのアーティストによる滞在制作事業:プログラムB』の招聘アーティストに選抜されました。

招聘期間は、2018年2月5日(月)〜3月25日(日)です。

審査員の方々のコメントが、アーツ前橋公式サイトに掲載されていますので、ご一読頂けましたら幸いです。

■結果発表!群馬県ゆかりのアーティストによる滞在制作事業 http://www.artsmaebashi.jp/?p=9043
■ダンスカンパニーときかたち 公式サイト ニュースページ
http://tokikatachi.com/news-artsmaebashi/

本AIRにおいてのダンスカンパニーの招聘は初めての試みだそうで、招聘枠の狭いなか、ダンスカンパニーときかたちの仕事に興味を持って頂き、長期的な視野でご縁を頂けましたこと、メンバー一同大変嬉しく思っています。

この前橋とのご縁を大切に育てていきたいと思っています。

本AIRでの実施予定のプロジェクトは、今年10月に行われる滞在制作&公演に引き続き、「長期的に取り組むプロジェクト」の第二弾です。

詳細は、アーツ前橋から随時公開になる予定です。
どうぞ楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。


ダンスカンパニーときかたち主宰





----------------------------------------







『BONUS 第4回超連結クリエイション テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)編』のアーカイヴページが公開されました。


http://www.bonus.dance/creation/44/

アーカイヴページには、プレゼンの記録映像とプレゼンについてのテキストが公開されています。
ディレクターの木村覚さんからご依頼を頂き参加した本企画は、
4組の作家各々のワークショップで共有されたアイディアを再解釈するという企画。
私は、京都で活躍されている振付家の砂連尾理さんのアイディアを再解釈するゲストとして、プレゼン作品を発表しました。
会場でご覧頂いた方には、映像としてまた違う視点で新たな気づきを得て頂けるよう、
当日会場にいらっしゃれなかった方には、プレゼン作品の断片をシェアできたら幸いです。



アーカイヴページより引用

『砂連尾理のアイディアをめぐって「継承の媒体としての身体 不在の在をめぐって」』
■今回のアイディアについて 
知らない言語に出会った時に、人は身体の情報で、分かろうとするのではないでしょうか。 
私は、初対面だった砂連尾理さんの「他者と向き合うときの身体の在り方」に興味が湧きました。 
その在り方に、砂連尾さんのアーティスト活動の根っこが内包されているように感じました。 
「異なる者同士が共存するために向き合う」さまを、本人が不在でも、本人以外の「異なる身体のみ」で立ち上げることができるか、を可視化した試みです。(文=尾花藍子)

■尾花藍子(おばな・あいこ) 
ダンスカンパニー<ときかたち>主宰。シェアハウス&スタジオ<LAB83>経営。美大卒業後、行為表現を路上で始める。近年は、振付・演出という手法を用いて表現活動を展開。物事の一瞬一瞬を静止画に見立て幾重にも色を塗り重ねた一枚の抽象絵画のような舞台作品を創作している。若手演出家コンクール2014ノミネート。横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠファイナリスト




----------------------------------------




ダンスカンパニーときかたち】
滞在制作&公演を行います。


尾花の主宰するダンスカンパニーときかたち

2017.10/23〜29
《滞在制作&公演》を行います。

長期的に取り組むプロジェクトの第一弾です。

関わってくださっている方々、引き続きどうぞよろしくお願いします。

詳細は、随時お知らせさせて頂きますので、
どうぞ楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。

■ダンスカンパニーときかたち 公式サイト ニュースページ
http://tokikatachi.com/%E3%80%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E3%80%91/



ダンスカンパニーときかたち主宰
尾花藍子



----------------------------------------



アーティスト・イン・レジデンス(AIR)に選抜されました



鴨江アートセンターアーティスト・イン・レジデンス 採択アーティストとして選抜されました。

鴨江アートセンター アーティスト・イン・レジデンス平成29年度6月~9月期 アーティスト紹介
http://www.kamoeartcenter.org/information/residents2017_6_9/

本企画では、滞在制作だけでなく、パブリックイベントも予定しています。

ご縁を頂いた浜松市鴨江で、この場でしか生み出せない創作ができるのが、今から楽しみです。

浜松近辺の皆様、どうぞよろしくお願いします。

※アーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは?
国内外からアーティストを一定期間招聘して、滞在中の活動を支援する事業。アーティストが国境や文化の違いを越え、非日常の空間に身を置き、異なる文化や歴史の中での暮らしや、現地の人々との交流を通して、刺激やアイディア、インスピレーションを得、新たな創作の糧としていく活動。





----------------------------------------






企画に参加しました


4組の作家各々のワークショップで共有されたアイディアを再解釈するという企画。
私は、京都で活躍されている振付家の砂連尾理さんのアイディアを再解釈するゲストとして参加します。

私が作家ご本人から受け取ったものは、ワークショップで共有されたアイディアのみ。
共有されたアイディアは、ワークショップ参加者という媒体を通り、何が残って、何が膨らみ、何が消えるのか。はたまた何も消えたりしないのか。
作家本人が不在の中、アイディアは、尾花藍子という媒体を通り、どこへ向かうのか。

2017年の始めに、皆さまに新しいアイディアを届けられますよう。

是非、お気軽にご参加頂けたら幸いです。
ご来場心よりお待ちしています。

























BONUS超連結クリエイション vol. 4
テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)

4組の作家・研究者チームによって未来のダンスは生まれるか?
今回も連結して連結して連結するシアトリカル・エンターテインメント!!
今年で4回目となる連結クリエイション。テーマは「テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)」です。今回の新たな取り組みにワークショップ(WS)があります。そこでの参加者との出会いが、このイベントのベースになっています。WSはアイディアの継承 と創造の現場です。イベントの中でアイディアが飛び交う現場の熱気を再現し、観客のみなさんのなかに眠っている創造性を発火させたいと思っています!!

http://www.bonus.dance/creation/42/


主なプログラム
Part 1 砂連尾理のアイディアをめぐって
タイトル「継承の媒体としての身体ー不在の在をめぐって」
10月に行われたトーク&WSから出発して、砂連尾のアイディアを掘り下げて行く。掘り下げるゲスト参加者は尾花藍子(振付家・演出家)。

Part 2 手塚夏子のアイディアをめぐって
タイトル「ソーシャル・トレース」
「トレース」の未来はどんな形?9-10月のWSで参加者たちは手塚の「トレース」を独自に解釈した。そのアイディアと、手塚による「トレース」の新作(新アイディア)が披露される。掘り下げるゲスト参加者は村社祐太朗(新聞家)、山本浩貴(いぬのせなか座)

Part 3 山内祥太のアイディアをめぐって
タイトル「秘密のダンス」
11月のWSでは、スマホアプリによるクロマキーの講習会を実施した山内。彼に誘われ渋谷の街に飛び出して、参加者はポータブルなクロマキー撮影に挑戦した。その過程をもとにした神出鬼没のプレゼンテーション。

Part 4 ロイ・フラー再現プロジェクト
およそ100年前にヨーロッパに一大旋風を巻き起こしたフラーは、テクノロジー×ダンスの創始者だった。「サーペンタイン・ダンス」の再現とともに、フラーの今日的解釈にも挑戦する。

Part 5 トーク 
ゲスト 平倉圭(芸術研究者)
聞き手 木村覚(BONUS)

日時: 2017年1月18日 19:00開場 19:30開演 22:00終演予定
場所: 東京工業大学西9号館ディジタル多目的ホール
   東京都目黒区大岡山2-12-1
   東急大井町線大岡山駅徒歩5分
料金: 事前予約2000円 当日2500円
事前予約は、前日までに下記のメールアドレスに件名「連結4」と明記し、お名前、連絡先メールアドレス、人数をお書きの上、送信してください。折り返し予約完了のメールを差し上げます。予約受付中です。早めのご予約よろしくお願いします。
メールアドレス bonus.dance.2@gmail.com

舞台監督: 河内崇
フライヤー: 進士遥(イラストレーション)、松森裕真(デザイン)
助成: アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、日本女子大学総合研究所
制作協力: 一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所
BONUS: 木村覚、森ゆうな

◯テーマを渡した作家・チームのプロフィール
砂連尾理(じゃれお・おさむ) 振付家・ダンサー
91年、寺田みさことダンスユニット結成。近年はソロ活動を中心に、ドイツの障がい者劇団ティクバとの公演、舞鶴の高齢者との「とつとつダンス」、避難所生活者の取材を元にした「猿とモルターレ」などを上演してきた。著書に「老人ホームで生まれた〈とつとつダンス〉―ダンスのような、介護のような―」(晶文社)。
【砂連尾さんの出演は予定されておりません。】

手塚夏子(てづか・なつこ) ダンサー/振付家
01 年より自身の体を観察する『私的解剖実験シリーズ』始動。体の観察から、関わりの観察へと移行しつつ12年までに同シリーズ6作品に突入。また、自分自身がいったい何の上に立っているのか?という問いに向き合い、民俗芸能の調査に熱中するようになる。13年から活動拠点を福岡に移しつつ、様々な場所と人との関わりを大切に活動を継続中。

山内祥太(やまうち・しょうた) 映像作家
1992年生まれ。 東京芸術大学映像研究科メディア映像専攻卒。瀬戸内国際芸術祭2016、WROビエンナーレ(ポーランド)などに出展。 学生時代に彫刻と映像を学び、近年は3DCGと実写映像を組み合わせた映像作品を制作。

ロイ・フラー再現プロジェクト
ダンスの研究とクリエイションのためのプロジェクト・チーム。15年より進行中。ダンサーの柊アリス(旋舞師)、建築家の宮晶子(日本女子大学准教授)、振付家・ダンサーの高野美和子(日本女子体育大学准教授)、映像とダンスを掛け合わせる作家木村絵理子、BONUSの木村覚が中心メンバー。今回は衣装プラン・製作に池田木綿子(Luna Luz)氏、照明に宇野敦子氏に協力を仰いだ。
【注記】
フライヤーに誤植がありました。
山本裕貴× →山本浩貴◯




----------------------------------------




参加メンバーに選抜されました。




元フェスティバルトーキョーのディレクター相馬千秋さん企画の『みちのくアート巡礼キャンプ2016』の参加メンバーに選抜頂きました。






■みちのくアート巡礼キャンプ2016
—東北から思考する、新進芸術家・企画者養成集中ワークショップ
 
2016年度版特設サイト
http://art-junrei.jp

参加メンバープロフィール
http://art-junrei.jp/member


みちのくアート巡礼キャンプとは?
みちのくアート巡礼キャンプは、①東北を知る、巡る ②東北から問いを立てる ③それを自分の表現や企画へと発展させる ことを主眼とした1か月集中ワークショップです。対象は、東北で今後なんらかの活動を志すアーティスト、企画者たち。震災がもたらした亀裂や揺らぎを、まだ見ぬ表現へと繋ぐために、ともに東北から思考する参加者をお待ちしています。

特徴①:「巡礼」をテーマにしたフィールドワーク、ワークショップ
本ワークショップでは、芸術表現と東北を切り結ぶテーマとして「巡礼」を掲げます。ワークショップ自体が複数の訪問地を移動しながら開催され、そこで行われる議論や創作も「巡礼」をキーワードに展開されます。

特徴②:表現ジャンル不問、東北から問いを立てる
本ワークショップでは、あえて表現ジャンルを問いません。「東北から問いを立てる」ことに重心をおき、フィールドワークやリサーチはもちろん、民俗学者、社会学者、芸術家らを招いてのディスカッションを集中的に行います。

 特徴③:成果発表は未来のプラン、優秀プロジェクトは実現へ
本ワークショップの成果発表は、実作の提示ではなく、未来の作品やプロジェクトのプランを発表する形をとります。優秀プロジェクトは、実際に東北での実現に向けて動き出すよう、講師や事務局がサポートを約束します。


文化庁委託事業「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、特定非営利活動法人芸術公社
制作:特定非営利活動法人芸術公社
協力:一般社団法人アーツグラウンド東北、ビルド・フルーガス






----------------------------------------





出演しました。



坂田有妃子 ダンス公演「菓」に出演します。



























■坂田有妃子 ダンス公演「菓」
.
わたしたちは おなじ 水をのみ おなじ 空気にふれ おなじ遊びをする
いつも おなじはずなのに すこしずつ変化するなにか。
.
振付・構成
坂田有妃子
.
出演
坂田有妃子 石和田尚子 尾花藍子 笠島智
.
音楽
舩橋陽 本田ヨシ子
.
衣装
しょうへい
.
音響
西川裕一/SYLIANRUE
.
照明
伊藤馨
.
協力
仲本拡史
.
写真・意匠
GO ( go-photograph.com )
.
日時
2016年9月14日(水)19時30分開演
2016年9月15日(木)14時開演/18時開演
(受付は各回開演の30分前)
.
チケット
前売2,500円+1ドリンク 当日2,800円+1ドリンク
.
会場
パフォーミングギャラリー&カフェ 絵空箱
東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1F
03-6265-0825
( http://esorabako.com/ )
.
ご予約・お問合せ
sikajirusi@icloud.com






----------------------------------------








新作ソロ発表しました。



DANCE NEST more vol.4参加作品
『波打つ鋭角へ』

振付・出演:尾花藍子

耳の聞こえない津島さんは、
手話が下手だった私の手を
握ってくれた。

それは、枯れても散らない
紫陽花が熱を持つときに、
よく似ている。




2016年7月22日(金)→24日(日)
 22日(金)19:30
 23日(土)15:00 /19:00
 24日(日)15:00 ※開場は開演の30分前です。

●料金 予約:2,000円(各回)/当日:2,300円

●お問合せ/ご予約
 mail→RAFT tel→ 03-3365-0307(RAFT)
●予約に関して
・メールでご予約の際は、件名を「ネストモア予約」とし、
 本文に下記1〜5をご明記ください。
1 お名前/2 観覧日時/3 人数/4 ご連絡先(携帯番号or固定電話)
/5 『出演者・尾花藍子』と明記ください。
●会場 RAFT(中野区中野1-4-4 1F)

〈AIKO OBANA〉http://apiece7.blogspot.com
東京生まれ。医者の家系に生まれ、絵画を学ぶ。様々な境界や囲いに興味を抱く。
『ときかたち』主宰。若手演出家コンクール2014、横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠ共にファイナリスト。

企画詳細




DANCE NEST more vol.4
http://raftweb.info/more4

小野 彩加/尾花 藍子/水越 朋(3組同時上演・30分作品)


●企画にあたって●
DANCE/NEST moreは、以前DANCE/NESTにご参加いただいた方々に
継続してRAFTで創作をしてもらいたいと、はじめた企画です。
今回参加する3組は、以前のNESTでそれぞれに独自性のある
印象的な作品を発表しました。
身体を起点としてどのような表現が生まれるのか、
若手ダンスアーティストの作品にご期待ください。
ご来場、心よりお待ちしております。(RAFT)





----------------------------------------




新作ソロ発表しました。



今回の会場は、私が初めて身一つで舞台に上がった場所。1964年から時代と共に幅広い表現の可能性を広めてきた小劇場でしたが、今年、閉館することが決まったそうです。7月、この舞台に再び上がる機会を頂きました。

今作は、新作として構成・演出を作り込みつつ、その場、そこに集ってくれた人たち、私自身、でないと立ち現れない『ささやかなおもてなし』がテーマ。広い宇宙からみたらとても小さな人と人とのささやかな出来事だけど、そのなかにこそ、人が元気になる魔法のようなものが込められてるんじゃないか、と信じています。上演数一回。是非、一度しか味わえない45分間を体感しに来て頂けたら幸いです。一緒に作品を体感頂けるのを、心よりお待ちしてます。





























ダンスビジョン2016参加作品
『自己紹介』

構成・出演:尾花藍子

こんにちは。
昔話をします。
一緒にワープしましょう。


2016年7月2日(土)
開演16:00
予約2,500円/当日2,800円
予約:キッド・アイラック・アート・ホール
TEL. 03-3322-5564 
メール予約 arthall@kidailack.co.jp
(尾花に直接でも承っています。apiece7@gmail.com(尾花))


■尾花藍子
東京生まれ東京育ち。医者の家系に生まれ、絵画を学ぶ。様々な境界や囲いに興味を抱く。美大卒業後、パフォーマンスという形態を選び作品をつくり始める。近年は、主に振付・演出という手法を用いて作品を展開。ダンスカンパニー『ときかたち』主宰。若手演出家コンクール2014、横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠ共にファイナリスト。


企画詳細
~ダンスビジョン2016~
明大前にあるキッド・アイラック・アート・ホールのダンス活動
昨年に続き第2回目を開催します。
ダンス日、ダンス美、ダンス微、ダンス火、ダンス飛、ダンス悲、ダンス緋、、、
一括りにダンスと言っても多種多様な表現としてのダンスがあります。
キーワードは「ガイコウ」「風景」そして「喜怒哀楽」
14日間に渡り個性派ダンサーがさらに可能性に挑戦いたします。
開かれた場を提供しつつ、密度の濃い時間を作りたいと考えます。
45分間の即興か、作品か、セッションか!
ダンスの運命は何処に。
各回開演の30分前から開場です。お早めのご来場をおすすめいたします。(企画・照明:早川誠司)
上演時間45分
各回入替限定40席/予約優先
(各回により料金・開演時間が異なります。)通し券1万円有り!ご予約受付中です!会場が狭いので、人数が限られます。お早めの予約のご協力をお願いします。
【今年も凄い個性!!】~ダンスビジョン2016~ダンサーラインナップ
7/2(土)⚪️尾花 藍子『自己紹介』
7/3(日)⚪️矢萩 竜太郎 × 齋藤 徹『ダンスとであって』
7/4(月)⚪️玉内 集 子 『振リ出シ ニ 戻ル』
7/5(火)⚪️高橋 純一 『息吹 ー カラダの中を空気がめぐる ー』
7/6(水)⚪️Nanako(上村 菜々子) × ちゃるぱーさ『シルクロードの邂逅』
7/7(木)⚪️渡邊 純子 『しちせき』
7/8(金)⚪️吉本 大輔 『擬似即興舞踏ー彼方へ』
7/9(土)⚪️秦 真紀子 『ripple mark ~2つの光 ゆふとよひ~』
7/10(日)⚪️おどるなつこ × NIL 『The Life of Marionettes』
7/11(月)⚪️COoMOoNO 『なんともないわきゃない』
伊集院もと子/久保佳絵/畑中研人/藤達成/福原由加里
7/13(水)⚪️深谷正子/田辺知美/木村由 『3 sheets 3 women』
      ⚪️木村由 × 庄田次郎『たらっぱっぱっぱー!阿呆船』
7/14(木)⚪️榎木 ふく+〇〇 『カタトキモ』
7/15(金)⚪️鈴木 ユキオ 『number nine』
7/16(土)⚪️橋本 拓也『新しくはない、あたらしかなもの…。』
◼︎Facebookページ
https://www.facebook.com/events/1285663168130238/?ti=icl




-------------------------------------






尾花振付作品のダイジェスト映像を出品しました。


『忍町アートギャラリー』

https://www.facebook.com/events/1015647418485156/

2016年6月24日(金)〜30日(木)

初夏の忍町で、アート散歩!

行田市はかつて「忍町(おしまち)」と呼ばれていました。
行田の中心市街地には今でも、当時の風情を伝える町並みが残っています。
そんな忍町の商店に、色々なアート作品が展示されます。
初夏の忍町で、アートと歴史の探訪を、お楽しみください。

場所: 牧禎舎
作家:
松岡伸浩 畑山正弘 出川裕子 木村米子 中條則江 山田百合子 
程塚英子 池田洋子 野辺大稀 掘越寛 高橋紀美子 大島陽子 時田芳文 
尾花藍子 北山聖子 宗方勝 直方平ひろと 野本直輝 adam 
篠沢哲哉 永島幸子 仮屋崎健 Mannet Villariba 
ゆりかご ひだまり メリーハーモニー ひこうせんメンバー
Tabata's retrotick photos マミフラワーデザインおしゃれに楽しむ花教室

営業日:無休
営業時間:10:00〜17:00 (最終日15:00まで)
後援:行田市
主催:忍町アート化作戦実行委員会
お問い合わせ:忍町アート化作戦実行委員長 野本翔平
       090-7814-9615



-------------------------------------





ショーイングに参加しました。


『4館共同制作小池博史ブリッジプロジェクト 地域創作プログラム [KENJI] 』http://kikh.com/kaze/2016/index.html

演劇創作プログラム:2016年6月11日(土)~13日(月)、16日(木)~18日(土)
成果発表公演:2016年6月18日(土)15:00開演
公演会場:パルテノン多摩小ホール
入場無料(300名/先着順)





-------------------------------------





体験モデルしました。

【西武沿線で100体験】(体験29)
狭山茶のお茶摘みを体験してきました。
https://grutto-plus.com/experience/029/




-------------------------------------





ダンスマガジンに掲載されました


ダンスマガジン 2016年5月号に載りました。
横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠ の公演写真&審査員のコメントが特集ページに4ページに渡って紹介されています。
お手にとる機会がありましたら、是非ご覧ください。

ダンスマガジン 2016年5月号
http://www.shinshokan.co.jp/mag/d201605/








----------------------------------------




ときかたちプレゼンツでイベントしました。



白井愛咲とKEKEの新ユニット作品&尾花藍子作品を同時上演します。
どちらの作品も私たちにとって初めての試み。今後も深めていきたいテーマと向き合っています。終演後、観客の皆さんや私たちとお話するのもセットで、お散歩気分で気軽に遊びにきて頂けたら幸いです。ときかたち拠点であるシェアハウススタジオlab83の近所、yahiro 8さんにご協力頂き開催します。下町風情の残るオルタナティブスペースです。1日限りでお座席数が限られてるので、お早めにお問い合わせください。ご来場お待ちしています。

***

ときかたちプレゼンツ『ふりつけるvol.2』
【ふりつける】は、『ふりつけをするって何?』という点にフォーカスを当てた自主企画です。『今まで尾花自身にしてきた振付方法は他の人間に応用できるのか』という問いから始めたvol.1に続き、vol.2では2作品異なった形態の『ふりつけ』小作品をご覧頂きます。振付・出演を当人が担当するアグネス吉井作品と、振付・出演を異なる者が担当する尾花藍子作品の対比をお楽しみに。

●振付・出演を分けず、ふりつける

【アグネス吉井作品】
『空蝉(仮)』
振付・出演=アグネス吉井

●振付・出演を分けて、ふりつける

【尾花藍子作品】
『自己紹介』
作・演出=尾花藍子
振付=白井愛咲
出演=安藤暁子
(※アグネス吉井:KEKEと白井愛咲による、『ときかたち』とは別の流れで結成されたデュオユニット)

日時:2016年5月15日(日)
16時開場/16時30分開演
料金:1500円(ワンドリンク付き)
場所:yahiro 8
アクセス:
〒131-0041 東京都墨田区八広4-10-1
http://yahiro8.seesaa.net/s/article/162569189.html
予約・問い合わせ:info@tokikatachi.com
(お名前、ご連絡先、枚数を記入の上、ご連絡ください)
参考資料:ふりつけるvol.1 メル(Mer)×尾花藍子
http://apiece7works.blogspot.jp/p/coming-soon.html






----------------------------------------





横浜ダンスコレクションEX2016 コンペティションⅠに出場しました





尾花藍子振付作品『とけるころ』は、2/6(土)の横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠ本選に出場が決定しました。横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションプログラム概要発表&チケット発売開始しました。ご予約お待ちしています。












■公演概要



横浜ダンスコレクション2016コンペティション



●コンペティションⅠ



15カ国133組の応募の中から時代を共有し身体と表現に新たな視線を向ける振付家振付家9組が本選に臨む。



日時:2.6 SAT 16:00/2.7 SUN 16:00

場所:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール



2.6 SAT 16:00

尾花 藍子 「とけるころ」

浜田 純平 「Convey」

渡辺 はるか 「グランドフィナーレ」

Aokid × 橋本 匠 「フリフリ」

チョン・チョルイン(韓国) 「Free Fall-Discovery of Sisyphus」



2.7 SUN 16:00

伊東 歌織 「四角形のゆううつ」

高橋 萌登 「まどろみのしろ」

飯森 沙百合・西山 友貴 「Attachment」

大園 康司・橋本 規靖 「宇宙の染み」



●コンペティションⅡ 新人振付家部門



25歳以下、これから本格的に振付家を目指す新人アーティスト43名から選ばれた12名が、チャレンジ精神ある作品を上演。



日時:2.4 THU 19:30/2.5 FRI 19:30 

場所:横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース



2.4 THU 19:30

江上 真子 「世界中の誰もが自分の不愉快に敏感に生きている。」

栗屋 瑞葵 「私を殺す。」

酒井 直之 「アンチクトン」

坂藤 加菜 「100年の沖」

柴田 菜々子 「エール」

田村 興一郎 「飼育員」



2.5 FRI 19:30

内田 恭太 「DYAD」

大北 悟 「かけたり、たったり、つぶしたりできるものはなぁ~んだ?」

栗原 千亜紀 「グルーヴ」

下島 礼紗 「わっぜ」

山口 将太朗 「Conjoined -ONE-」

涌田 悠 「カツ丼のうた」



■チケット

(2015年12月11日(金)10時より発売開始)

●カンフェティ http://www.confetti-web.com/detail.php…(平日10:00-18:00)

●JCDNダンスリザーブ http://dance.jcdn.org/

●横浜赤レンガ倉庫1号館窓口 045-211-1515(10:00~18:00)



■横浜ダンスコレクション2016

公式WEB http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/

■横浜ダンスコレクション2016とは?
「若手振付家の発掘と育成」「コンテンポラリーダンスの普及」を目指して、1996年にスタートした横浜ダンスコレクション。フェスティバルの基軸であるコンペティションは、時代を共有して身体と表現に新たな視線を向けるアーティストによる「振付」の独自性に大きな価値を置いています。スタートから21年目を迎える2016年の開催より、アジアのダンスフェスティバルとの連携・協働プログラムや世界的に活躍するアーティストによる作品上演を新たな基軸に加え、さらに拡張するアジアのダンスプラットフォームとして多彩なプログラムを開催します。メイン会場となる横浜赤レンガ倉庫1号館は、1913年に誕生し世界の物流拠点として、国内外の発展に大きな役割を果たしてきました。世界に向けた先進的文化を創造する役割を担う、この歴史的建造物を舞台に繰り広げる多様なダンスから、表現の可能性を感じていただけたら幸いです。多彩なダンスプログラムとともに、冬の雰囲気漂う赤レンガ倉庫の景色をお楽しみください。みなさまのご来場お待ちしております。
日時: 2016年1月23日(土)~2月14日(日)
会場: 横浜赤レンガ倉庫1号館、象の鼻テラスほか





----------------------------------------






新作ソロを発表しました。




今までやったことない方法で、ソロ作品を創作しています。
振付家の尾花藍子が、他者に振り付けるときと同じ手法で、尾花藍子の身体に振り付けます。
横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠ『とけるころ』(http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/jp/)の稽古と並行して、絶賛創作中。
ダンコレ前の最後の作品です
意外と、尾花の出演日は完売近いそうです。お早目のご予約をオススメします。
ご予約お待ちしております。

公演詳細

ダンスがみたい!新人シリーズ14参加作品
『チブロー』

振付・演出:尾花藍子

音響:牛川紀政
照明:久津美太地

日時:1月13日(水)19:30
会場: d-倉庫 (荒川区東日暮里6-19-7)
料金: 前売・当日=2300円 学生=2000円
WEB: http://www.geocities.jp/azabubu/s14/
※入月絢 / 尾花藍子 / けむりとしずく / 牟田のどか
尾花を含む計4組の作品が上演されます。1団体20分前後。出演順未定。

尾花藍子
東京都出身。
ダンスカンパニー<ときかたち>主宰。美大卒業後、振付・演出という表現手段に出会う。人間の生き様が動く絵画にみえて仕方ない。若手演出家コンクール2014ノミネート。横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠファイナリスト。

イベント詳細


「ダンスがみたい!新人シリーズ14」
次世代のダンスシーンを担え!期待の新人36組】 公募にて集まった自称“新人“36組。1日4団体が見られます。「新人賞」「オーディエンス賞」を受賞したダンサーは2016年夏の「ダンスがみたい!18」に参加できます。
1月13日(水) 
入月絢 / 尾花藍子 / けむりとしずく / 牟田のどか
1月14日(木) 
藍木二朗 / ASMR / 大塚郁実×吉村早紀 / 藤井友美
1月15日(金) 
阿部友紀子 / 小谷葉月 / 小山柚香 /
dreaM.s coM.p TRUE
1月17日(日) 
E・C・M element / 中村駿 / 深堀絵梨 / PegaA
1月18日(月) 
白井愛咲 / 田村悟 / tantan / 宮崎あかね
1月19日(火) 
Coquettish Doberman / ハナトチロル / 三橋俊平 / Motimaru
1月21日(木) 
石井則仁&辻祐 / E-project / 久保佳絵 / 住玲衣奈
1月22日(金) 
下島さん家の中川さん / 鈴木瑛貴 / 豊川弘恵 /
根本紳平
1月23日(土) 
A La Claire / プロスペクト・テアトル / 三浦健太朗 / 矢野青剣
*各日程出演順は未定です。
1月24日(日) 
新人賞審査委員による講評会・受賞式
PM7:30開演 入場料500円 
※新人シリーズ入場券・通し券持参で無料
新人賞審査員
北里義之 志賀信夫 宮川麻理子
舞台監督/田中新一
音響/相川貴 許斐祐 竹田雄
照明/安達直美 久津美太地、金原知輝
映像/workom
協力/相良ゆみ 山口ゆりあ 高松章子 有馬直美
福岡克彦 仲本瑛乃 OM-2 die pratze
宣伝美術/林慶一
記録/田中英世(写真) 船橋貞信(映像) 
前澤秀登(写真)
監修/真壁茂夫
制作/林慶一 金原知輝






----------------------------------------




ダンス教室の講師を担当しています。



東京YWCAキッズガーデン サポートプログラムにじいろ教室のダンス教室の講師を担当させて頂いています。発達に偏りや遅れのある、またはその疑いのある子どもたち(原則、療育手帳をお持ちでないお子さん)小学校1年生~6年生を対象としたプログラムです。
私自身も学校という場所で生きずらさを覚えていた子どもだったので、自分が子どもだったときに、こんな場所があればよかったなぁ~とおもう場所を目指してます。
ひとりひとりがそのままの身体と心でいることができる環境で、ひとりひとりの想像力・創造力を伸ばしていく時間になればとおもっています。
外部の方も募集中ということなので、気になる方がいたら是非お気軽に東京YWCA板橋センターまでお問合せください。



●パンフレット

●ダンス教室の様子




●東京YWCAキッズガーデン サポートプログラムにじいろ教室 公式サイト
http://www.tokyo.ywca.or.jp/child/social_skill/
●お問い合わせ
東京YWCA板橋センター
電話 03-5914-1854
メール itabashi@tokyo.ywca.or.jp
(受付時間 月~金 9:30~17:30 休日を除く)







----------------------------------------






ダンスマガジンに掲載されました。



横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠ ファイナリストとして、紹介されました。


ダンスマガジン 2015年12月号
http://www.shinshokan.co.jp/mag/d201512/







----------------------------------------






尾花藍子ダンスカンパニーときかたち旗揚げ単独公演しました。




尾花藍子ダンスカンパニーときかたち旗揚げ単独公演

『線を重ねて水が輝くなら』


 振付・演出:尾花藍子
 出演:安藤暁子、KEKE、白井愛咲 (以上、ときかたち)、丹哲郎









●日時:2015年11月28日 19時
       11月29日 14時/18時

●料金:前売2500円 当日3000円

●会場:STスポット横浜
http://www.stspot.jp/index2.html

●チケット取扱:

CoRichチケット!予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/68316/
※座席数に限りがあるため、お早めのご予約をおすすめします。

●問い合わせ:
ときかたち ホームページ
http://tokikatachi.tumblr.com/
ときかたち メールアドレス
tokikatachi@gmail.com

●スタッフ
照明:加藤泉
音響:牛川紀政
ドラマトゥルク:辻豊史、メル(ときかたち)
宣伝美術:泉美菜子
記録写真:bozzo
舞台監督:井草佑一(COMBO×COMBO)
当日制作:木川美由紀
スペシャルサンクス:北澤香、小塚麻優子、住中浩史

●協力:NPO法人STスポット横浜
●主催:ときかたち

●尾花藍子

東京都出身。ダンスカンパニー『ときかたち』主宰。美大卒業後、振付・演出という表現手段に出会う。物事の一瞬一瞬を静止画に見立て、何重にも描き重ねる。幾重にも色を塗り重ねた一枚の抽象絵画のような舞台作品を創作している。若手演出家コンクール2014ノミネート。横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠ ファイナリスト。http://apiece7.blogspot.com/





----------------------------------------




横浜ダンスコレクションEX2016
コンペティションⅠ ファイナリストに選抜されました。



横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠ ファイナリストに選ばれました。
http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/jp/



美術畑から流れ流れてダンスカンパニー旗揚げ公演前のこのタイミングに、このような大きなチャンスを頂けることになりました。私一人では作品をつくり続けていなかったので、本当に、作品をつくる環境を与えてくれた、関わってくださった、支えてくださった皆さんのおかげです。
選抜作は、短編作『とけるころ』(2005年1月初演)。初演メンバーと再演も挑みます。出演してくれた2人の強度のある身体だからこそ生まれた作品。再演をどうぞお楽しみに!
引き続き、自分のみたい世界を信じて作品創作していきますので見守って頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

2015.10.2 尾花藍子




----------------------------------------





ときかたちWEBサイトできました。


尾花藍子主宰ダンスカンパニーときかたちWEBサイトできました。

ときかたち WEBサイト
http://tokikatachi.tumblr.com/




----------------------------------------




お知らせ



尾花藍子主宰ダンスカンパニー『ときかたち』
2015年10月より、新メンバー白井愛咲の所属が決まりました。
カンパニーメンバー:安藤暁子、 KEKE、白井愛咲、メル
引き続きよろしくお願いします。

2015.10.1 尾花藍子



----------------------------------------





お知らせ


尾花藍子、ダンスカンパニーを旗揚げします。

『ときかたち』というカンパニー名です。

11/28.29に旗揚げ公演をSTスポットで行います。

これから一緒に活動してくれるメンバーは安藤暁子、KEKE、メルです。

詳細は決まり次第、随時ご報告します。



2015.6.21 尾花藍子




----------------------------------------




ソロ作品発表しました。




絵空箱ダンスプログラム2015という企画でソロ踊ります。
20分以上のソロ作品は、2年半ぶり。
この作品以来(https://www.youtube.com/watch?v=6bs17m4uq1A)。

根底に流れるテーマはずっと変わっていないけど、2年前と心身は変わっていて、その変化を楽しみながら自分自身と向き合い、初心に戻る時間になっています。

機会をくださったのは若手演出家コンクール2014ノミネート者同士で再会した吉野さん。ありがとう。

この企画、企画自体が作品のようにコンセプトがハッキリしていて出演を決めました。ゴーギャンの絵画をテーマにそれぞれのダンサーがソロ及びデュオ作品を発表。そして、オープニングとエンディングにはNFIGURE演出で出演者全員が一緒に踊る(群舞!)というユニークな企画です。

参加ダンスアーティストは面識のない方もいますが、みなさん、独自の世界がくっきりとした方ばかりなので、楽しみ!

尾花にとって、11月ときかたち旗揚げ公演前の最後の作品になります。
よろしくお願いします。


企画詳細



UNFIGURE×絵空箱共催
絵空箱ダンスプログラム2015
『-円-』

〜ポール•ゴーギャンの絵画「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへいくのか」をモチーフに身体表現の個性と群性で紡ぎ連ねる、実験的ダンスプログラム〜

【出演】
◎UNFIGURE 
岡田千鶴/山羽真実子
芝野早樹/佐藤大樹/
太田翔子
◎尾花藍子
◎点滅
◎宝栄美希
◎坂田有妃子&角田真奈美
【日時】
8月21日(金)19時
22日 (土)13時半
18時半
23日 (日)13時半
※受付•開場は開演の30分前。
【会場】
Performing Gallery & Cafe 絵空箱
(有楽町線江戸川橋駅1B出口より徒歩2分•東西線神楽坂駅2番出口より徒歩9分)
http://esorabako.com/access.html
【料金】
(全席自由•日時指定)
前売•当日¥3000
【予約&お問い合わせ】
⚫こりっちチケット!
尾花藍子予約専用ページ
http://ticket.corich.jp/apply/66886/011/
⚫絵空箱企画
03-6265-0825
070-5084-2032
esora.ticket@esorabako.com
【スタッフ】
◎照明 
高瀬勇佑(L.S.T)
◎音響 
臼井倶里
◎舞台監督•総合演出 
吉野翼
◎フライヤー画 
川越良昭
◎制作 
蜂谷眞未
◎当日制作
差異等たかひ子
◎宣伝美術 
伊藤青蛙
◎企画•制作 
絵空箱×UNFIGURE
◎共催 PerformingGallery&Cafe
絵空箱


----------------------------------------




新作単独公演しました。




若手振付家の単独公演を支援する企画『dzoneフェスティバル』に選抜され、新作単独公演を行います。長編新作は1年ぶり。

言葉と声を用いて、身体を浮き彫りにするという初めての試みを行っています。

捨ててきたとおもっていたものは、着実に血肉に刻まれてて、今をカタチつくってるらしい。それらをみつめることで、今とこれからを鮮明に感じることのできる時間にしたいとおもっています。

会場に足を運んで頂き、時間を共有頂けたら幸いです。

ご来場心よりお待ちしています。





D-zoneフェスティバル2015参加作品 単独公演 

『フレームの日々が過ぎるまで』


ここまでと決めたとき、目を開ける。

物語の一部になる可能性を持ちながらも、捨てられる。

カタチをかえて、生の音になりかわる日を 待っている、はずだ。

「わたし」はすべてをまだなにも知らない。










■振付・演出:尾花藍子
■出演:安藤暁子 KEKE 鈴木麻美 
■公演日時:2015年6月13日 15:00/19:00(開場は開演の30分前)
■料金:前売2500円 当日2800円
■会場:セッションハウス(〒162-0805 東京都新宿区矢来町158)

■スタッフ
照明:石関美穂 
音響:相川貴 
舞台監督:香取依里
宣伝美術:泉美菜子
記録写真:bozzo
ドラマトゥルク:メル(Mer)、辻豊史

■スペシャルサンクス:青嵜直樹、小塚麻優子、カニエ・ナハ、北澤香、後藤大輝、白井愛咲、新庄恵依、住中浩史、手塚康洋、竹本さよ子、マギ、磨知香菜子、森下なる美

■主催:セッションハウス企画室

■チケット取扱
セッションハウス
℡ 03-3266-0461
mail mail@session-house.net
WEB http://www.session-house.net/reserve.html(予約専用フォーム)
・メールでご予約の際は、件名を「尾花藍子作品予約」とし、
「お名前、観覧日時、人数、ご連絡先」を明記の上ご連絡ください。
チケットは当日受付にてご精算ください。※お車でのご来場はお控えください。

■D-zoneフェスティバルとは
「D-zone」は若手振付家の単独公演をセレクト、サポートするセッションハウスダンスプログラム。「D-zoneフェスティバル」は、セレクトされた公演の数々を上演する特別期間。http://www.session-house.net/live_news.html




----------------------------------------




出演しました。



白神ももこ作品『絵のない絵本』再演にダンサーとして出演しました。
初演を、通し稽古1回と本番1回みていて、大好きな作品。
尾花、生まれて初めて群舞でユニゾン踊ります。





キラリふじみ・レパートリー
『絵のない絵本』

原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
構成・振付・演出:白神ももこ

世界一もの知りなお月さまが教えてくれる
世界をめぐるものがたり。
子どもと大人が一緒に楽しめるダンス作品、待望の再演。

出演:尾崎桃子 小野彩加 尾花藍子 北川結 熊谷理沙 
鈴木絢香 田路紅瑠美 花田雅美 夕田智恵 内海正考









<富士見公演> http://www.kirari-fujimi.com
2015年6月4日(木)~7日(日)
4日(木)19:30
5日(金)19:30
6日(土)15:00☆託児サービスあり。
7日(日)14:00*貸切
※受付開始は開演の60分前、開場は20分前。
*おやこ劇場貸切公演。残席がある場合のみ当日券を販売致します。
会場:富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール
チケット料金:一般2,500円 中・高校生1,000円 こども(小学生以下)500円
※3歳以下のお子様の入場はご遠慮ください。
交通のご案内:
【電車】最寄駅=東武東上線「鶴瀬」駅まで池袋より準急で29分。東口より徒歩25分(タクシー8分)。
東口バス乗り場(暫定広場)から東武バス「ららぽーと富士見」行き、または市内循環バス「富士見市役所」行きのご利用が便利です。
乗車時間約10分。バス停から徒歩約3~5分。
「志木」「ふじみ野」各駅からも「ららぽーと富士見」行きバスが出ています。
6月6日(土)15時開演の回は、「みずほ台駅東口14:15発」の臨時バスあり。
交通状況について→http://www.kirari-fujimi.com/view/293

<東京・国立公演>http://www.kuzaidan.com/hall/
日時:6月27日(土)14:00開演 
会場:東京・くにたち市民芸術小ホール
チケット料金:一般2,500円 中・高校生1,000円 こども(小学生以下)500円
※3歳以下のお子様の入場はご遠慮ください。

<宮崎公演> http://www.miyazaki-ac.jp/
日時:7月4日(土)15:00開演 
会場:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)イベントホール
チケット料金:(全席自由)一般2,500円、会員2,300円
U25割(25歳以下)1,000円、親子割(一般+小中学生) 3,000円

※3歳以下のお子様の入場はご遠慮ください。


----------------------------------------




手演出家コンクール2014選考通過15名に残りました!!
http://jda.jp/contest01.html




応募した作品は、今年5月に発表した長編作品『春霞についての話』。http://apiece7works.blogspot.jp/p/blog-page_11.html


尾花に関わってくださっているすべての人たち、作品に関わってくださった人たち、ひとりでも欠けていたらこんなチャンスは掴めなかったとおもうし、みなさんと共に成長した作品だからこそ、審査を通過できたとおもっています。本当にありがとうございます。

2次審査は、審査員が選考通過者の公演もしくは公演に準ずる通し稽古を実際に観にいき、最終審査通過4名(優秀賞)を選出。

出演者、スタッフの人たちを信じて、みたい景色を信じて、審査に望みたいとおもいます。



----------------------------------------




雑誌で紹介されました。



 2013年11月に発表した『みるものすべてゆめなのか』(http://apiece7works.blogspot.jp/p/blog-page_2.html)、2014年5月に発表した『春霞についての話』から一部インスピレーションを受けて書かれた詩人のカニエ・ナハさんの詩が、現在発売中の『ユリイカ』に掲載されています。

尾花の紹介も掲載頂いています。

カニエさんは、精力的にご活動されている身体感覚を刺激される詩を書く詩人さんです。


是非、書店でお手に取ってご覧ください。



ユリイカ・バックナンバー『ユリイカ 2014年5月号』
http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791702701








WEBサイトに掲載されました。




2014年3月に行われた 平尾菜美 個展『Uncertain Surface/不確かな表層』での尾花のパフォーマンスの様子が平尾さんのWEBサイトに掲載されました☆

インスタレーションの作家さんとのコラボは、自分の新しい身体性をみつけることができ有意義な時間でした。
青い服のほうは、会期中のイベントの様子。
白い服のほうは、会期後、観客なしのフォトセッションをし、写真作品として仕上がるように平尾さんと話し合いながらつくりました。


よろしければご覧ください。


 平尾菜美HP tumblrblog イベントの様子。
http://namihirao.tumblr.com/post/87803935362/2014-3-20-30-a

平尾菜美HP tumblrblog フォトセッションの様子。
http://namihirao.tumblr.com/post/87804047967







 
PVに出演しました。





DJ Doppelgenger 2nd Album 『Accept』のPVに出演しました。

 尾花は手のみ使ったダンスで出演しています。

いろんな意味で予想外なこのPV、是非ご覧ください。




Accept ( 七不思 version )/ DJ Doppelgenger



 

Produced By DJ Doppelgenger
Visualized By 七不思
Word By 黒田 晶


【DJ Doppelgenger(ディージェイ・ドッペルゲンガー) プロフィール】

レーベルGURUZ主宰。15歳からDJキャリアをスタート、そして2008年よりD­J Doppelgenger名義でDubstep DJとしての活動を開始する。世界各国を放浪した経験を基に、ワールド感漂う独自の音­楽観をDubstepというフィールドで表現している。地元埼玉で"MAM­MOTH DUB"開催、そして2013年よりGURUZ主催イベント"A­SYLUM"を始動。国内各所へのツアー、そしてインド、タイ、ニューヨー­ク、バーニングマンフェスティバルとその活動の幅は無限に広がって行く。2012年1­stフルアルバム『paradigm shift』をリリース、日本国内19箇所のDJツアーを敢行。 2012年12月22日、国内初の国産DUBSTEPコンピレーション『1st Ascension』をリリースする。そして2014年4月、待望の2ndアルバム『­Accept』をリリース。



【七不思 プロフィール】
PAGAN DANCE、UREIのレジデントVJ。SPACE GATHERING in Okinawaに出演。銀天街在住。オリジナルの影像素材を軸に、徐々に七不思ワール­ドを展開。
中部地域の主たるDJ陣をはじめ、DJ SINKICHI,DJ YOGURT, DJ DOPPELEGENGER等、数々のアーティストとも共演を果たす。
沖縄における昆虫ナナフシの伝承と同様、異世界への水先案内役に努める。






 
ラジオにゲスト出演しました。





ネットラジオ『CROSS WAVE☆SENJU』の番組『北千住パフォーマンスナイト!』にゲスト出演しました☆

日ノ出町団地スタジオというスタジオを経営している上本竜平さんからのお誘い。

尾花が経営しているシェアハウス兼スタジオ『lab83』(http://tanelab83.blogspot.jp/p/lab83.html)についての話が主な話題で、まさかの懐かし尾花作品『自動遊記』(
http://apiece7.blogspot.jp/p/blog-page_1.html)の裏話や、12/21.22に出演する小山衣美作品についての話もしています。
尾花出演はだいたい17分頃からラストまで。

下記のUstream配信ページからご覧頂けます。
http://www.ustream.tv/recorded/41397043


 youtubeでも番組をご覧頂けます。http://www.youtube.com/watch?v=N8bhl1MV0Fw






公演の様子をWEBサイトに掲載しました。



2013年11月26日、27日に発表した最新作、
尾花藍子作品『みるものすべてゆめなのか』のページを制作しました。

尾花が出演せず、7人の出演者を起用した振付作品@横浜ST_spot

会場でご覧頂いた方も、見逃してしまった方も、是非ご覧頂けたら幸いです。http://apiece7works.blogspot.jp/p/blog-page_2.html








公演の様子をWEBサイトに掲載頂きました。



2013年11月26日、27日に発表した最新作、
尾花藍子作品『みるものすべてゆめなのか』
写真家のモリヒデツグさんのWEBサイト公演の様子を掲載頂きました。
 
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/f77e26fb98bfbf60ef8b2cc2c6c52f8b





こどもダンスワークショップをしました。



ご依頼頂き、小学1年生~3年生対象にダンスワークショップをしました。

※お子さんに対する個人情報保護の関係から、施設名、当日のワークショップの様子の写真は掲載をしていません。ご了承ください。








参加しました。




『AAF2013報告会』に参加しました。

今年8月、『コザクロッシング2013 ターミナルライフ』の参加アーティストとして、沖縄市コザに1か月間レジデンス(滞在制作)し、作品を発表しました。
写真はその作品と活動の様子を話している様子。







当日のUstream配信された録画映像は以下からご覧頂けます。
http://m.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.ustream.tv%2Fchannel%2Faaf2013&h=iAQEUQVkR&s=1









ラジオに出演しました。



沖縄の地方ラジオFMコザの番組『我楽多放送』に出演しました。

『PAGAN DANCE vol.5』出演者の方々と共に、イベントについて、出演者について、銀天街についてなど話してます。

当日のUstream配信された録画映像は以下からご覧頂けます。http://www.ustream.tv/recorded/40195321








 
沖縄公演の様子をWEBサイトに掲載しました。
 



今年8月、『コザクロッシング2013 ターミナルライフ』の参加アーティストとして、
沖縄市コザに1か月間レジデンス(滞在制作)し、作品を発表しました。

沖縄の歴史深い場所、コザ黒人街廃墟を舞台美術とし、

琉球舞踊家、トランペット奏者、絵描き、妊婦、おばぁ、など、
沖縄在住の今を生きる様々なバックボーンを持った約10名の女性出演者にご協力頂き、生まれた作品。

今を生きる人たちを場所に配置することで、時間と空間が引き立つのではないかという試みです。

沖縄公演の様子をWEBサイトに掲載しました。
会場でご覧頂いた方も、見逃してしまった方も、是非ご覧頂けたら幸いです。
http://apiece7works.blogspot.jp/p/1-2013-201381-51-3-2013-httpwww.html





ラジオにゲスト出演しました。

地方ラジオFMコザの番組『いざ!コザ!』にゲスト出演しました。
「なぜ黒人街でパフォーマンス作品を発表するのか?」 という問いかけにフリートーク。
Ustream配信もされてたので、少し踊りました。


 当日のUstream配信された録画映像は以下からご覧頂けます。http://www.ustream.tv/recorded/37329487






 

新作のダイジェスト映像を公開しました。



今年、2013年3月15日から17日に開催された『DANCE/NEST⑦』の選抜作品『生まれる唄』のダイジェスト映像を公開しました☆

身体と衣装と音楽のコラージュ作品。
会場でご覧頂いた方も、見逃してしまった方も、是非ご覧頂けたら幸いです。

http://www.youtube.com/watch?v=6bs17m4uq1A





3才~小学生のこどもたち対象のダンスワークショップ&映像撮影のサポートスタッフとして参加しました。




アーティストユニット『off -Nibroll』 の映像作家・高橋啓祐さんと振付家・矢内原美邦さんのプロジェクト 『ダンスで時計』に参加しています。
来年度オープンを予定しているアーツ前橋に飾られる時計をダンス映像作品でつくろうというプロジェクトで、制作した作品はアーツ前橋館内に常設される予定です。
撮影したこどもたちのダンス映像も作品の1部分として使われるそうで、どんな仕上がりになるのか今から楽しみです!


2013年6月15日開催
第2回ダンスで時計ワークショップ こども編(サイト下側にワークショップの様子掲載)
http://www.artsmaebashi.jp/?p=1769




参加しました。


映像インスタレーションとともにダンスパフォーマンスも展開し、身体と映像の関係性を追求しているアーティストユニット『off -Nibroll』 の映像作家・高橋啓祐さんと振付家・矢内原美邦さんのプロジェクト 『ダンスで時計』に参加しています。
来年度予定しているアーツ前橋に飾られる時計をダンス映像作品で作ろうというプロジェクトで、制作した作品はアーツ前橋館内に常設される予定です。
参加者は前橋在住の舞台経験者の方々が中心です。
尾花は東京生まれ東京在住ですが参加させて頂いています。



プロジェクト詳細
http://artsmaebashi.jp/pre/?p=294

ワークショップの様子が新聞に載りました。
http://artsmaebashi.jp/pre/

ワークショップの様子の動画が公開されました。
http://www.ustream.tv/recorded/28624480#utm_campaign=t.co&utm_source=28624480&utm_medium=social

off -Nibroll 公式サイト
http://www.nibroll.com/offnibroll/main.html









尾花藍子作品動画を初公開しました。




■2012年

尾花藍子単独公演20120627

 http://www.youtube.com/watch?v=9NzkKBugGH8&feature=youtu.be

いつめがさめるのか。 尾花藍子×高橋誼
http://www.youtube.com/watch?v=RK0uNx6bf7Y&feature=youtu.be



■2011年

尾花藍子単独公演20110727

 http://www.youtube.com/watch?v=SuOMgfdqigw&feature=youtu.be

第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ野外パフォーマンス
http://www.youtube.com/watch?v=-eYyiDzO-ZM&feature=youtu.be

自動遊記

http://www.youtube.com/watch?v=J-nWxiPQBGw&feature=youtu.be

自動遊記in教室

http://www.youtube.com/watch?v=vJsQnUS6jwg&feature=youtu.be



■2010年

もなこさいと@room 

http://www.youtube.com/watch?v=0_j1cjtjjIY&feature=youtu.be



≪尾花藍子youtubeチャンネル≫https://www.youtube.com/user/apiece7









427FOTOさんの映像作品『【Kiss Do I'm in Luck】Little Boy』にモデルとして出演しました。

とってもセクシーでクール、発色が美しい作品です。


映像作品 【Kiss Do I'm in Luck】Little Boy

http://www.youtube.com/watch?v=4c2hZS23NSE

427FOTO 公式サイト

http://427foto.t




2012年12月に講師助手をしました、ゆにここ企画『ブラインドアート・ワークショップ』の様子がテレビ放映されました。
動画は以下の千代田区HP内『ポコラート全国公募展』からご覧頂けます。
http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00067/d0006713.html





2012年12月に出演しましたミクニヤナイハラプロジェクト新作公演プレイベント『シンデレラ!あの時の私に言ってあげたい』の本番の様子の動画が公開されました。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=lRi8FvYHYXQ







2012年6月27日に開催された『尾花藍子新作公演20120627』のマチネ・ソワレの公演写真がカメラマンのモリヒデツグさんの公式サイトに掲載されました。
【jun_27】尾花藍子新作公演
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/bf4ad9ee7f4393b39b802ef4e3149acd
【on_Flickr】尾花藍子_matinee
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/df1ddefa72c52afc9feefd4dd15a1f8d
【jun_27】高円寺amp_cafe
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/43ed1ea1fe6bdcde58664741933b481d
【on_Flickr】尾花藍子_soiree
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/988a1c8367f17051cf7d7904b23f2c82





2012年6月27日に開催された『尾花藍子新作公演20120627』のマチネについてのご感想を頂きました。
http://yaplog.jp/urdar-heimdall/archive/916




写真家のモリヒデツグさんの写真作品の被写体になりました。
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/0f247a0139b5f46ca4481334e265b3bf?fm=rss
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/7d1c23142c678dcdc403ebece712f746
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/c0cb589d1260fd051e2729e7b1240105
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/dc2dfcb993bf2a1313f87302944d2879



2011年12月14日に開催された『高円寺AMP 年末event weeks企画【尾花藍子新作公演】』の公演写真がカメラマンのモリヒデツグさんの公式サイトに掲載されました。
http://www.flickr.com/photos/bozzo173/sets/72157628480237033/



2011年12月14日に開催された『高円寺AMP 年末event weeks企画【尾花藍子新作公演】』についてのご感想を頂きました。
http://yaplog.jp/urdar-heimdall/archive/852



2011年12月14日に開催された『高円寺AMP 年末event weeks企画【尾花藍子新作公演】』に出演して頂いた磨知香菜子さんに公演についてのご感想を頂きました。
http://nightbank.blogspot.com/2012/01/node-0-1214.html




『ながのアートプロジェクト2010 inとがびアートプロジェクト2010』に出品しました作品の制作過程や展示の様子などを綴る、『「もなこさいと@room」制作ドキュメント・・・メガとがび2010』を連載させて頂いています。
ながのアートプロジェクト公式サイト
http://www.gakko-bijutsukan.com/archive/togabi/room.php 




カメラマンのモリヒデツグさんの公式サイトにモリさん撮影の公演写真が掲載されました。
DBDB@高円寺amp
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/0a4e986cc652c6944088d4f60268e970
渋谷東京ハンズ
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/eaa1e74a2a3849d3423783f96db98b25
渋谷le deco
http://blog.goo.ne.jp/bozzo173/e/eed728f21fdba208abb835a65f1e4944




2011年7月に発表した作品についての感想を頂きました。
http://nightbank.blogspot.com/2011/07/blog-post_22.html




尾花藍子個展『自動遊記』についての感想を頂きました。
http://uronna.exblog.jp/11964764/




尾花藍子個展『自動遊記』2011.1.16.sun - 1.23.sun を開催しました。
http://apiece7.blogspot.com/p/information.html 


Gallery Conceal の公式ブログ『Hot Conceal Diary』に個展の様子が掲載されました。
 http://blog.galleryconceal.lolipop.jp/


Gallery Conceal webサイト Exhibitionページ に個展の情報が掲載されました。
http://www.renovationplanning.co.jp/gallery_conceal/shibuya4f/ex.html


信濃毎日新聞に活動が載りました。
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/267/1942564#1942564




Aiko Obana's site